SaitouYutaka のすべての投稿

だ液のはたらきを調べる実験方法を考えよう(理科)

7月13日(木) 時間割の変更があって2時間連続の実験でした。

理科実験を行う時にはいくつかのパターンがあります。

1.実験の内容を全て解説してから,実際の結果と結論を確認していく実験

2.実験のやり方だけを解説して,結果から結論を考えていく実験

3.実験で確認したいことだけを解説して,実験のやり方を考える実験

この日の実験は3つめの「実験のやり方を考える」ものでした。当然ですが,中学生にとってはこれが一番難しいです。言い方を変えれば,学習した知識を活用する活動です。

数年前から言われるようになったアクティブラーニング(主体的,対話的で深い学び)に当てはまる内容かもしれません。

まずは,使う薬品のはたらきを確認する事から。

ヨウ素液がデンプンの検出薬であることを確認します。

ヨウ素液の色を確認し,片方にデンプン,もう片方にブドウ糖を入れます。

ブドウ糖を入れた方(左)は変化せず,デンプンを入れた方(右)は「ヨウ素デンプン反応」で青紫色になることを確認しました。

続いて,初めて扱う薬品「ベネジクト液」です。この薬品は糖類の検出薬で,糖類が含まれている溶液に入れて加熱すると,赤褐色の沈殿が出来ます。

右がデンプンを加えた溶液。左がブドウ糖を入れた溶液です。溶かしただけではベネジクト液の色は変化しません。これらをガスバーナーで加熱します。まずはブドウ糖水溶液から。

加熱をするとどんどん色が変化していきます。 続いて,デンプン水溶液も同様に加熱します。デンプンが古かったせいなのか,わずかながら変化してしまいましたが,赤褐色の沈殿は出来ません。

これは覚える必要はありませんが,実は,この色の変化は化学分野の学習で出てきた酸化銅による色の変化なんですよ(ベネジクト液の青色は銅イオンの色です)。

ここまでの実験で1時間目は終了。

ここから,ヨウ素液とベネジクト液を使って,「だ液がデンプンを麦芽糖に分解すること」を確かめるにはどうすれば良いかを考えました。

答えを聞いてしまえばさほど難しくはないのですが,自分で考えるとなると大変です。

「だ液を入れたものと入れないものを比べれば良いんじゃない」

「デンプンが分解されればヨウ素液は黄色のままのはず」

「それだけでは何に分解されたかはわからないよ」

「ヨウ素液のあとにベネジクト液を入れれば?」 「それじゃあ,色が混じってわからないよ」

「バラバラに比べる必要があるんじゃないの?」 「何本用意すれば良いんだ?」

などというやりとりをしながら,4本に分けて,ヨウ素液とベネジクト液を2本ずつに入れるという結論に達しました。

37℃のお湯につけるという部分は,教員の方で指示しましたが,生徒達の話し合いで正しいやり方にたどり着いています。

話し合いに時間がかかり,若干,時間が足りなかったものの,おおむね正しい実験結果となりました。

左下の画像。左が水だけ,右がだ液を加えたものにヨウ素液を入れたもの。時間が足りなかった分,完全にデンプンを分解し切れていませんが,明らかに色が違います。

右下の画像。左が水だけで加熱したもの,右がだ液を加えて加熱したもの。わずかではありますが,麦芽糖ができていて赤褐色になり,青みが消えています。

一生懸命考えた分,確認できた実験結果は印象深かったと思います。

修学旅行 無事に到着しています

台風の影響が心配された修学旅行初日でしたが,予定通りの活動を行うことができました。

新幹線での様子

岡山駅に予定通り到着♪

マリンライナーに乗り換えました。

ここが一番心配でしたが,問題なく四国へ!

瀬戸大橋通過中です!

高松市美術館も見学することができました。

台風も通過して,明日からも予定通りの活動ができそうです。

楽しい4日間になりますように。

 

修学旅行 出発しました!

7月4日(火)

高等部修学旅行が始まりました。行先は香川県。

生徒たちが話し合って選んだ場所です。

当日は山手線が車両点検で止まってしまい,無事に集合できるかとヒヤヒヤしましたが,何とか全員が無事に集合できました。

台風3号の動きも気になるところですが,きっと,無事に修学旅行を楽しんできてくれるものと信じています。

以下,集合時の様子です。

全員揃ったところで担任の先生が声をかけ,改札の中へと移動。

無事に予定通りの新幹線に乗ることができました。

発熱反応と吸熱反応

6月16日(金) に行った中学部の理科実験の様子です。

この日の実験では「化学変化による温度変化」を確認しました。

まずは薬品を混ぜるだけで反応する,吸熱反応の実験(アンモニアの発生)から。

使うのは塩化アンモニウム1gと水酸化バリウム3g。慎重に薬品を量り取ります。

ろ紙を水に濡らして,発生するアンモニアが外に出ないようにする蓋を作ります。

生徒たちは「なぜこれでアンモニアが外に出なくなるの?」という問いに一瞬考え込みましたが,「アンモニアの性質って覚えている?」と続けると,「アンモニアは非常に水に溶けやすいから」とすぐに答えることができました。

量った薬品を混ざらないようにビーカーに入れ,温度計とガラス棒を

濡らしたろ紙に刺して実験準備完了。実験開始前の温度は26.9℃でした。

ろ紙をかぶせ,ガラス棒で薬品を混ぜ合わせると,温度がどんどん下がっていきます。

この日の実験では16.4℃まで下がったところまで確認しました。

この実験の化学反応式は 2NH4Cl+Ba(OH)2→2NH3+BaCl2+2H2O となります。

生徒たちは,温度がどんどん下がっていくことにも喜んでいましたが,

「アンモニアが本当に発生しているのか確かめたい」と言いだし,強烈な臭いをかいで,その臭さに歓声を上げていました(笑)

続いて,発熱反応の実験。化学かいろを作りました。

手前の生徒はおがくずを15gはかり,奥の生徒は5%食塩水を作っています。

おがくずに食塩水8mLを入れ,均一になるように混ぜ合わせます。

#300の鉄粉30gと食塩水をしみこませたおがくずを密閉式のビニール袋に入れ,

すぐに密閉します。この時点では,まだ,発熱しないことを確認しました。

そして,もう一度袋を開け,空気(酸素)を入れて,混ぜてあげると。。。

暖かくなった化学カイロに「あったかーい」との歓声が上がりました。

鉄の酸化は様々なパターンがあるので,授業では化学反応式を扱いませんでしたが,

せっかくなので,ここには載せておきます。

4Fe+3O2+6H2O→4Fe(OH)3 です。

(ここでの酸化鉄は水酸化第二鉄と言いますが,期末テストには出ません。。。笑)

本当は冬にやりたい実験なのですが,暑い中でも楽しんでくれた生徒の笑顔です♪

質量保存の法則

6月1日(木)中学部の理科の実験です。

1つめの実験は5%硫酸と5%塩化バリウム水溶液の反応。

硫酸の希釈は発熱を伴うので教員が行いましたが,塩化バリウムの調整は生徒達が行いました。

まずは質量パーセント濃度で5%水溶液の作り方を考えます。

テストでは答えられるのに,薬品だけ渡して「5%水溶液をつくってごらん」と言われるとどうして良いのかなかなか考えつきません。。。

「溶液を100g作って」とヒントを与えるとやることが見えてきます。

5gの塩化バリウムを秤取ります。

95gの水を量って   溶かします!

混ぜ合わせる前に質量の測定。。。

透明な2つの水溶液を混ぜ合わせると,硫酸バリウムの白い沈殿ができ,硫酸は塩酸に変化します。

目に見える明らかな変化に,生徒は歓声を上げます♪

化学変化を確認したところで再び,質量の測定。

多少,誤差はありましたが,混ぜ合わせる前と変化していないことを確認しました。

2つめの実験。今度は炭酸水素ナトリウムを希塩酸で分解します。

炭酸水素ナトリウム1.5gを秤取ります。

量った炭酸水素ナトリウムを炭酸飲料のペットボトルに入れ,塩酸10mLを入れた試験管もこぼれないように入れます。

しっかり蓋を閉め,質量の測定をします。

質量を量ったら,ペットボトルを握って,反応前のボトルの固さを確認しておきます。

そしてペットボトルを傾け,塩酸と炭酸水素ナトリウムを反応させます。

動画はこちら (見終わったらページを戻して下さい)

反応後,もう一度ペットボトルを握り,ボトルの固さの変化を確かめます。

そして,蓋を閉めたまま再び,質量の計測。

反応前と全く同じ数値でした。

次に蓋を緩めます。炭酸飲料の蓋を開けた時と同じようにプシューという音が。。。

そして,今度は蓋を開けた状態で,質量を計測。

約0.2g質量が減りました。

この後,質量が変化した理由を話し合いました。

いつも笑顔の絶えない明るいクラスですが,実験の時はいつもに増して笑顔が見られます。

硫化鉄の化合実験

5月10日(水)5校時 中学部理科実験の様子です。

鉄と硫黄の混合物を加熱すると化合して硫化鉄ができるという実験です。

まずは鉄と硫黄の混合物を作ります。

乳鉢と乳棒で均一になるまで根気よく混ぜ合わせます。

実は結構根気よく混ぜないと反応が不完全になってしまいます。

ろうとを使って隙間なく詰め,出来上がったもの。

アルミ箔の筒をトントンと机に打ち付け,

混合物を丁寧に隙間なく詰めるのも重要な作業です。

加熱開始!まばゆい光を出しながら反応が進みます。

どんどん進む反応に歓声が上がりました。

加熱したものと混ぜただけのものとの比較。

混ぜ合わせただけのものは磁石にくっつき持ち上がります。

加熱したものは磁石に全く反応しません。

見た目や手触りの変化も確認します。

塩酸を加えた時の反応。

加熱したものからは卵の腐ったような強い臭いがします。。。と説明したら,卵を腐らせたことがないので,その匂いかどうかはよくわかりませんが,強い臭いがしますと言われました。。。もっともですね。。。

難しい実験ではありませんが,生徒たちが丁寧な作業をしてくれたおかげで,教科書通りの結果を確認できました。

やはり,実際に実験をして確認すると,生徒たちの食いつきが違いますね。

中学部理科の様子

4月20日(木)

生徒たちは実験が大好きです!

今回は水の電気分解を実験しました。

まずは水酸化ナトリウム水溶液の調整です。

今回は少し危険な薬品。慎重に扱います。

保護ゴーグルをつけて溶かします。

電源スイッチオン!泡がたくさん出てきたよ。

記録も忘れないうちに。。。

体積比ってどのくらい?

確認した実験結果から何かがわかるって,楽しいですよね。

少しずつ難しい内容になってきますが,頑張っていきましょう!

ケネディー大使主催 Holiday Party For Students に参加しました

12月18日(日)
平成26年度バンド部メンバーが、
キャロライン・ケネディ駐日大使主催のホリデーパーティー
「Holiday Party For Students」に参加してきました。

ケネディー大使は平成26年度にサントリーホールで演奏した、
バンド部メンバーを覚えていてくださり、招待してくださったのです。

パーティーはクリスマスの装飾がされた大使公邸で行われ、
ケネディー大使とダニエル・ラッセル国務次官補のスピーチで始まりました。
音大生の素晴らしい演奏、参加者も含めたクリスマスソングの大合唱、
豪華な食事などがあり、とても素敵な時間を過ごすことができました。

パーティーの途中、生徒の一人がケネディー大使に、
昨年参加した「障害とアーツ」の活動について書かれた本
「ひとさし指のノクターン」やDVDを渡し、5分近く話を聞いていただきました。

ケネディー大使は緊張しながら話す生徒の顔を優しく見守り、
じっと話を聞いてくださいました。
そして、素晴らしいスピーチだったと言ってくださいました。
200人以上はいたかと思える今回のパーティー参加者で、
最も長く時間を割いていただいた人の一人になりました。

また、ケネディー大使は他の生徒の顔も覚えていてくださったようで,
それぞれにあいさつを交わすことができました。
通常の記念撮影以外に、桐が丘メンバーだけでの撮影もしてくださいました。

パーティーには全国から招待された高校生、大学生がたくさん参加していました。
中には、積極的に話しかけてくださった学生さんもいて、新しい交流も生まれました。
大使館の皆様にもいろいろとお気遣いをいただき,
参加したメンバーは本当に素晴らしい時間を過ごすことができました。

本当にありがとうございました。

※全画像の著作権はアメリカ大使館のものです。転載を禁じます。

全国特別支援学校ボッチャ大会「ボッチャ甲子園」優勝!

8月2日(火)に BumB東京スポーツ文化館 メインアリーナ で行われた

全国特別支援学校ボッチャ大会「ボッチャ甲子園」にて,

高等部生徒による桐が丘代表チーム「ポローニア」が優勝しました!

全国から参加した18校の代表チームの中での優勝です。

試合はとてもレベルの高い戦いが繰り広げられました!

FacebookのBoccia-Fanさんの8月3日の記事に結果速報と写真が載せられています。

良かったら見て下さい。

優勝おめでとう!

リケメン・リケジョのIT夢コン2016 最優秀賞を受賞!

7月30日(土)に神奈川工科大学で行われた「リケメン・リケジョのIT夢コン2016」にて

高等部の2名の作品が最優秀賞を受賞しました!

作品の題名は「バリアフリー・トレイン ~ 未来の誰もが乗り降りしやすい電車 ~」

全国の中学校・高等学校・高等専門学校42校から242もの作品応募があった中での

最優秀賞です。

最終審査の画像や動画は神奈川工科大学から公開されています。

良かったら見てみて下さい。

 

神奈川工科大IT夢コンのページ

神奈川工科大からの報道発表

表彰式の画像

最終発表の動画