「施設併設学級日記」カテゴリーアーカイブ

施設併設学級 小学部1組 校外学習②

前回とは別の高学年児童が、6月6日(木)に、スクールバスで東京ドームシティの「アソボーノ」に行ってきました。

エアートランポリンでは、学習の積み重ねが生かされ、            自分で 上手に バランスをとることができました。

ボールプールでは、たくさんのボールに包まれて揺れながら、         友だちや先生にもボールを投げたり渡したりと、楽しく遊んで満足。

ファミリーレストランでは、ハンバーグやオムライスをおいしく食べて満足。

券売機で切符を買い、改札機に入れて、地下鉄に乗りました。          公共の場所では、声の大きさを意識することもできるようになり、       落ち着いて楽しく校外学習を終えました。    

   

施設併設学級 小学部1組 校外学習①

5月30日(木)に、高学年の児童が 、 有楽町線で池袋に行ってきました。

今回は、スクールバスは使わずに、                      行きも帰りも、公共交通機関を利用しました。                  混雑している有楽町線も、楽しみながら移動しました。

池袋の街は初めてではないけれども、 いろいろな物を興味深く見ていました。

東京消防庁 池袋防災館では、地震から身を守るアニメに注目。

パトカーや消防自動車も見て、記念撮影。

小竹向原駅に 事前学習で行った成果もあり、赤ちゃんと 乗り合わせた駅の    エレベーターも、落ち着いて、当日利用することができました。

夢見月の施設併設学級

 卒業生を送る会、卒業式、修了式と次々に行事が過ぎさり、いよいよ平成30年度も終わりとなります。本年度は、病棟をはじめ、皆様のご協力で大きな学級閉鎖などもなく、子どもたちは無事に1年間過ごせました。

 ある卒業生が、当校で過ごした9年間で嫌なことはありましたか?という質問に、特になかったと答えました。そして、楽しかったことはありましたかと聞くと、たくさん答えてくれました。教員一同、本当によかったと思うと同時に、子どもたちは、われわれ大人が思っているよりも、色々な楽しみ方をとてもよくわかっていると感じました。

 卒業されたみなさんは、それぞれの道を進み続けていくわけですが、どこでも楽しめる方法をわかっていますので、送り出すわれわれに不安はありません。むしろ、われわれ教員が楽しみ方を忘れてしまうので、時々顔を見せに来て、楽しみ方を教えてくださいね。

 もうすぐ、元号も変わります。季節も変わります。みなさんの環境も変わります。いろいろ変わりますが、いつでも楽しみ見つけて、夢を描いて、かなえてください。

ご卒業、ご修了おめでとうございます。

ご卒業おめでとうございます
修了式の後には離任式もありました

菜種梅雨の施設併設学級(雨ニモマケズ編)

 寒い日もだんだんと少なくなり、暖かい日が多くなってきましたが、同時に、春の長雨、菜種梅雨(なたねづゆ)の季節となりました。

 現在、施設併設学級は、センターと学校の連絡橋が老朽化により使用禁止となっています。しかし、だからといって、♪雨がふったらお休みで~というわけにはいきません。学校が大好きなみんなは、雨にも負けず、雨合羽を着て登校です。合羽を着ての登校は大変ですが、合羽に当たる雨の音など、いつもと違った風情を感じることができます。


 一雨ごとに春となっていくのを感じながらの登校です。

 もうすぐ春、そして卒業です。

立春の施設併設学級

2/4日は立春です。立春に先立ち節分ということで、施設併設学級に鬼がやってきました。児童生徒は今年一年の無病息災を願い?思いっきり鬼に豆をぶつけたり、逃げ回ったりと大盛り上がりでした。この元気さが健康の秘訣かもしれません。

鬼が登場!話しかけたり、逃げまわったりと子どもたちは大さわぎです
鬼と握手でお別れです(鬼はなぜか金棒ではなく360°カメラを持っています)

おかげさまでみんな1年間健康にすごせそうです。鬼さんありがとうございました。

真冬の施設併設学級

 寒い毎日が続きます。今回は「真冬の施設併設学級」というテーマで中学部生徒が写真を撮り、タイトルもつけてくれました。ここでご紹介いたします。

 寒い日が続きますが、今年は、児童生徒はみんな元気なようです。この調子で健康に気をつけて寒い冬を乗り切りましょう。春はもうすぐです。

自然豊かな施設併設学級(晩秋編)

 施設併設学級は、東京23区内にあるのですが、都心では珍しく自然がとても豊かです。秋も終わりですが、柿やキウイ、カラスウリ、キンカン、ミカンなどたくさんなっており、子どもたちは、秋を感じることができます。また、あまり気づかないかもしれませんが野鳥もたくさん来ています。(なんと、タヌキもいます)

 今回は、校庭のキンカンなどの果物と学校に訪れる野鳥の写真をご紹介します。

キンカンは、もう少しで食べごろです。

キウイも、そろそろ食べごろになります。

柿は、熟して食べごろです。

夏ミカンは、まだすっぱくて食べられません。

カラスウリは、真っ赤になりましたが、ものすごく苦いので食べられません。(そもそも食用ではありません)

オナガです。(キンカンを食べて、池の水を飲んでいる姿が良く見られます)

ジョウビタキです。(毎年、冬が近づくと、オスもメスもやってきます)

 

 もうすぐ冬ですが、自然豊かな施設併設学級では、冬ならではの自然の姿を見たり、触れたりすることができるので、子どもたちは楽しみにしています(特に池の氷を割るのが大好きです)。

フォトコンテスト結果発表

 11月上旬に行われたフォトコンテストの結果が創立60周年記念式典で発表されました。フォトコンテストのテーマは「今と昔」です。

 まず、優秀賞として選ばれた作品の一部を紹介します。

 「みどりの草原」(中学部生徒撮影)

  ちなみに昭和50年代の屋上はこちらです。

 40年前とはずいぶんと変わりましたが、みんなの大好きなお散歩コースであることは変わらないようです。 

  次に、最優秀賞の発表です。

 「60周年王子様」(教員撮影)

 「これこそ桐が丘!」といった笑顔です。こちらの写真は圧倒的な票数で最優秀賞に選ばれました。

 これまでも、これからも笑顔がいっぱいの桐が丘でいきます。

創立60周年桐が丘施設併設学級 フォトコンテスト

 桐が丘特別支援学校施設併設学級では「桐が丘の今と昔」をテーマにフォトコンテストが開催されました(11月5日~11月14日)。

 桐が丘の今を教員や子どもたちが撮り、投票でベストショットを選びます。結果は1117日の創立60周年記念式典で発表されます。

 フォトコンテストの作品展示時には、昔の桐が丘の写真も展示しました。建物や人、服装、景色など大きく変わりましたが、みんなの笑顔は変わらないようです。 

平成30年度 施設併設学級学習発表会

 平成30年10月24日、学習発表会が行われました。学習発表会は日頃の学習の成果を発表する場でもありますが、「見ても、やっても楽しい」が一番です。今年の学習発表会も、とても楽しく、やりがい、見ごたえのある会になりました。

〇中・高等部の「ハリーポッター」です。悪役ヴォルデモートも登場です。

〇中学部の「オズの魔法使い」です。衣装にこっています。(アルミホイル18m使用)

 

○小学部「おじさんのかさ」です。演奏も演技もとても上手でした。

 

○小学部「Let’s enjoy English!」です。2020東京オリンピックに向けて国際化です。

〇小学部「いろいろなあいうえお・はじめてのはじまり」です。日頃の学習の成果がとてもよく表れていました。歌もすばらしかったです。

最後は、全員で手話付き「心から心へ」「翼をください」を合唱して閉会となりました。