「高等部日記」カテゴリーアーカイブ

本校代表チームが「IT夢コンテスト2019」最終審査会進出

「IT夢コンテスト2019」において、本校から応募した高等部3年生徒の「スマホから飛び出す地図」が、7月27日に開催される最終審査会への進出を果たしました。

IT夢コンテストは、全国の中学生・高校生・高専生(3年生以下)を対象に、IT(情報技術)で実現できる未来の社会や新たなサービス等に関する「夢」を語るコンテストです。第9回を迎える今年のコンテストでは、211件の応募作品があり、30作品が最終審査会に進出しました。

当日は予選を経て8作品が最終審査に進出します。優勝を目指して頑張ってください!本校一同、応援しています。

[進出作品一覧] http://yumecon.ic.kanagawa-it.ac.jp/final/

ふくのわプロジェクト in 桐が丘

今年度、高等部生徒会では新たに「ふくのわプロジェクト in 桐が丘」という企画に取り組みました。

生徒たちの取り組みの様子をお届けします。

チラシの作成、回収場所のパネル作成、校内での周知活動の内容を生徒が考え、古着の回収活動を進めました。

また、近隣の上板橋第二中学校でも、同様の取り組みをしていただけると、

お声かけを頂き、近隣の中学校の代表生徒と打ち合わせを行いました。

先日、今年度最終の計量作業を行いました。

今年度皆さんに協力いただいた古着は

【420.5kg】でした。

企画を通して、目標に向かって仲間とともに話し合いを重ね、活動する生徒の姿が見られました。

校内の児童生徒のみなさん、保護者の皆様、地域の皆様、ご協力ありがとうございました。

スポーツ部 追い出し試合

 3月4日(土)、スポーツ部の追い出し試合が行われました。2月に行われた東京都肢体不自由特別支援学校ハンドサッカー大会において、チームをリーグ優勝、二連覇に導いてくれた3年生と最後のハンドサッカーを楽しみました。

卒業生チーム(高3・中3) VS 在校生チーム

気合バッチリな卒業生チーム

気合バッチリな卒業生チーム

フレッシュな在校生チーム

フレッシュな在校生チーム

いよいよ試合開始!バウンズボールのゆくえは…?

在校生チームの攻撃から試合開始!! 休憩時間を設けながらも、試合時間は1時間半弱、どちらが勝つのでしょうか…

さすが卒業生チーム。「投げること」や「取ること」の技能の高まりが感じら、着実に得点を重ねます。

シューターも絶好調!

フィールドプレイヤーで作戦会議!

結果は 37 対 32 在校生チームの勝利!

安心して、後輩たちにこれからのスポーツ部を任せられそうです!

とはいえ、チームでスポーツを楽しむなかで、ときには厳しく、ときには優しく後輩たちに接し、チームを作ってきてくれた3年生たち。

最後の挨拶には、様々な思いが込められていて、後輩たちの今後の励みとなるものでした。卒業しても、たまには汗を流しにきてください!

第30回東京都肢体不自由特別支援学校ハンドサッカー大会 優勝! 二連覇達成!! 

 

 2月16日(土)に駒沢オリンピック公園総合運動場 体育館で行われた、「第30回東京都肢体不自由特別支援学校ハンドサッカー大会」に本校高等部、中学部のスポーツ部から13名(高等部9名、中学部4名)の生徒が出場しました。

【 試合結果 】
★予選リーグ第一試合 VS 鹿本学園・水元小合学園
 スコア 15-7

 ゲーム序盤は慎重にボールを回すあまり、なかなか得点に至らない時間帯が続く中、ポイントゲッターに繋ぎ、待望の先制点をとる。
 その後は、高3生が中心に大会初参加の選手もいる中、少しずつ得点を重ね、ゲームを優位に進めた。

★予選リーグ第二試合 VS 村山特別支援学校
 スコア 16-9

 相手の素早い動きの守備に攻め手を欠く時間帯もありながら、相手の隙を突いたメインゴールへの3点シュートをはじめ、 シューター陣も限られた得点チャンスをものにして得点を重ねた。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 9ed75ad8198c19edeb30498d0c52e645.jpg です

予選リーグ2勝をしたが、今大会は変則リーグのため、この時点で決勝進出が決まらず、他の試合の結果を待つこととなった。
 休憩の時間も決勝戦に向けてチームで話し合いをしたり、ウォーミングアップをしたりするなど、 昨年の優勝を経験した部員が中心となり準備をしている姿からチームの成長を感じました。

 決勝戦か順位決定戦かわからない状況で待機している中で、目の前の試合結果により決勝戦のチャンスがきた。

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 696e9c6805f9856abc100f92b1dfdf11.jpg です

★決  勝 VS 小平特別支援学校
 スコア 18-16

 決勝は大勢の観客が見守る中、1プレーごとに歓声が起こる素晴らしい舞台でのゲームとなった。

 相手チームの攻撃に負けじと得点を重ねるものの、決勝に勝ち上がってきた力のあるチームということもあり、 セーフティリードがない厳しい試合展開となった。

 試合終了間際にはメインゴールへの3点シュートを決められるが、それ以上の得点を許さず、リードを守ってゲームを終えた。

 今年度からスポーツ部として活動をスタートし、普段の学校生活では交流の少ない中学生と高校生が集まり、練習や大会参加を通して相互に大きな成長する姿が見られました。

国際交流が行われました

12月11日の総合的な学習の時間に国際交流が行われました。
筑波大学より6名の留学生の方をお迎えしました。

生徒たちは駅のバリアフリーや、桐が丘の授業や部活動の紹介をするために
10月から準備を重ねてきました。
当日はパワーポイントや動画などを用いたプレゼンテーションを行ったうえで、留学生の方とディスカッションを
行いました。
短い時間ではありましたが、英語を用いた交流の時間を有意義に過ごすことができました。

平成三十年度 高等部 後期生徒会役員 認証式

11月27日に、平成三十年度 高等部 後期生徒会役員 認証式が行われました。

初めに先日の選挙で当選した次期役員に認証状が授与されました。

旧役員(写真中央)からの挨拶では、「新しい生徒会を作っていってください」とエールが送られました。

新役員代表の挨拶では「前期生徒会を引継ぎ、後期生徒会では、さらに行事を充実したものにしていきたい」と意気込みがありました。

新役員のこれからの活躍に期待です!

平成三十年度 高等部 後期生徒会役員選挙

11月13日に、平成三十年度 高等部 後期生徒会役員選挙 立会演説会並びに投票が行われました。

選挙管理委員は、2カ月前から入念な事前準備をして当日に臨みました。

立会演説会では、司会の緊張感のある進行と、立候補者の個性あふれる演説により雰囲気のある会となりました。

そして、今回の選挙は選挙管理委員会の提案で記名式で行われました。

投票者は、立候補者の氏名を見ながら慎重に投票している姿が印象的でした。

選挙結果については、本校高等部2階 教室前掲示板をご覧ください。

ふくのわプロジェクト in 桐が丘(高等部生徒会 企画)

11月3日・4日に行われた桐が丘祭での、高等部生徒会企画、『ふくのわプロジェクト in 桐が丘』についてお知らせします。

生徒会役員は当日に向けて、回収を呼びかけるチラシの作成や看板のデザインなどパート活動の傍ら、準備を進めました。

2日間で、回収した古着は設置した3つのボックスが満載になる100kg。

古着の回収にご協力いただいたみなさま、励ましの声を届けていただいたみなさま、ありがとうございました。

今後の回収活動については、後期生徒会へ引き継がれますが、3月末までの回収目標、「480kg」を達成できるよう今後ともご協力よろしくお願いいたします。

ふくのわプロジェクト in 桐が丘

高等部生徒会では、産経新聞社 ふくのわプロジェクトと共同で、

「 ふくのわプロジェクト in 桐が丘 」を行います。

ふくのわプロジェクトとは、不要になった衣類を回収し、その収益をパラスポーツ競技団体、

パラアスリートに寄付し、パラスポーツを応援しようという活動です。

桐が丘の高等部でも、衣類のリユース率の向上と、パラスポーツの発展に寄与することを目指して活動していきます。

ふくのわプロジェクトin桐が丘 チラシ

桐が丘祭に向けて!

桐が丘祭まで2週間となりました。

各学年やパート毎に準備が本格化する中、中学部、高等部の生徒が中心となりパンフレットの綴じ込み作業を行いました。

パンフレットの綴じ込みが初めての中学部1年生も、先輩たちに教えてもらいながら、一生懸命、作業に取り組んでいました!