カテゴリー別アーカイブ: 桐が丘日記

スポーツ部

スポーツの秋です。

高等部のスポーツ部は、ハンドサッカーとボッチャを行います。

各種大会を目指して、練習に励んでいます。

桐が丘の高等部には、スポーツ部の他にバンド部があります。

こちらは、11月の文化祭での発表を目指して練習を続けています。

卒業生の講話

9月18日に卒業生をお呼びして、進路選択や現在の生活について話を伺いました。

●桐が丘特別支援学校での思い出(中・高等部)

●変化を与えた2つの道具

●進路選択の経緯

●大学生活について

●メッセージ

について話を伺うことができました。写真や映像を使いながら、わかりやすく話をしてくださいました。

最後に「いろいろなことを経験すること、知ることの大切さ」ということでメッセージをいただきました。

今のうちにいろいろなことを経験し、自分について理解することで、自分が楽しいと思うこと、興味を持てることが見つかり、それが将来につながっていく。というメッセージでした。

卒業生の講話を通して、将来の夢をもち、その実現へ向けて自分の今やこれからの生活を考える機会となりました。

スポーツ部 9月9日(土)

2学期が始まり2週間。

暑さも一段落し、過ごしやすい日が多くなってきました。

スポーツ部では、ハンドサッカー大会に向けた練習もスタートしました。

今年度からは、中学部の生徒も参加しており、初めてハンドサッカーに挑戦する部員も多くいます。部長を中心に、高等部の先輩からルールや基本的な動きのレクチャーを受けながら、ハンドサッカーのゲームを楽しみました。

後半はボッチャ!

夏休み体験発表会

中学部では、夏休みを利用して、自分の将来を思い描き、自己と向き合い、日頃できないことに挑戦しました。

発表会では、夏休みに挑戦したことについて、なぜその挑戦をしたのか、その挑戦をするためにどのような準備をしたのか、その挑戦の成果などをまとめて発表しました。

今年度の体験例を紹介します。

●お出かけ(買い物・映画館・美術館・裁判所・病院)ひとりで/ボランティアさんと/友だちと

●料理をする

●車椅子バスケの夏合宿に参加

●ひとり登下校

●AppleのSEの人に話を聞きに行った

●趣味を見つける(スタンドビーズ)

 

伝えたいことが伝わるよう、ひとりひとりが発表の仕方を工夫し、発表会に臨んでいました。

他の人の発表を聞いて、自分の将来と結びつけて考え、次に挑戦したいことが見つかった人もいたようです。将来のなりたい自分を思い描き、これからも積極的に新しいことに挑戦していってください。

2学期始業式

8月29日(水)に2学期の始業式が行われ、校舎に児童生徒の元気な声が戻ってきました。

校長先生からは、「達成できそうな目標をたて、達成感をたくさん味わってほしい」とお話がありました。

また、式では数学検定の合格者、東京都公立学校パラスポーツ交流会(ボッチャ大会)準優勝メンバーの紹介と表彰が行われました。

 

まだまだ暑い日が続いておりますが、少しずつ秋の気配も感じられるようになってきています。

2学期は運動会、桐が丘祭、その他各学部での行事など盛りだくさんです。

児童生徒のみなさんにとって、実のり多き2学期になることを期待しています。

平成30年度 東京都公立学校パラスポーツ交流会(ボッチャ大会) 準優勝!

8月4日(土)に東京都立府中けやきの森学園で行われた、「平成30年度 東京都公立学校パラスポーツ交流会(ボッチャ大会)」に本校高等部、中学部から4名(高等部2名、中学部2名)の生徒が出場しました。

各学校からの代表チームが出場する、学校代表戦ということもあり、手に汗握る試合が多く見られました。

【 試合結果と戦評 】
★第一試合 VS 城北特別支援学校
1エンド 1-0
2エンド 4-0
スコア 5-0

初戦で中学生は緊張もある中、高校生がうまくリードし、得点を重ね幸先の良いスタートをきる。

★第二試合 VS 城南特別支援学校
1エンド 0-3
2エンド 3-0
スコア 3-3 タイブレイクにて勝利

1エンド目に3点を奪われ、相手にリードされる苦しい展開の中、2エンド目に3点を奪いタイブレイクへ。

キャプテンの安定した投球で勝利し準決勝へ進む。

★準 決 勝 VS 多摩桜の丘学園
1エンド 1-0
2エンド 1-0
スコア 2-0

休憩時間に投球動作や作戦を確認して臨んだ準決勝。

それぞれがベストに近い投球をし、接戦をものにする。

★決  勝 VS 府中けやきの森学園
1エンド 0-4
2エンド 1-0
スコア 1-4

決勝は大勢の観客が見守る中、一球ごとに歓声が起こる素晴らしい舞台でのゲームとなった。

1エンド目は後攻の中、ジャックボールの投球権が移り、ジャックボールを投球する。

自分たちに有利な場所にジャックボールを投球することができたが、

後日行われたボッチャ選抜甲子園で優勝するチームに4点を奪われてしまった。

2エンド目も1球毎に投球権が移り変わる我慢の試合展開が続く中、同点に持ち込むことが難しくなってしまう。

相手がリードした状況で迎えた最終投球。ジャックボールを動かし、1点を奪うことに成功。

投球の直後、会場中から多くの歓声と拍手が起こり、試合終了。

試合には敗れたものの、最後まで果敢に1点を奪いに行く姿勢は、会場にいた多くの人に感動を与えるとともに

スポーツ可能性を再認識させられるものだった。

今年度、ボッチャ大会参加は一区切りとなりますが、大会参加を通して生徒は多くの経験をすることができました。

大会参加に当たって、多くに方々にサポート頂き、活動することができたことに感謝いたします。

小学部5年生 校外学習

6月29日(金)に、千代田区にある科学技術館に行きました。

コンクリートに実際に触れて、その重さを感じたり、

画面の前で、年齢や性別を認識する技術に驚いたり、

磁石の実験を見て、「不思議だな」と感じたりしてきました。

また、調べて分かったことを、ノートに書き留める人もいました。

特に、液体窒素の実験にはみんな釘付け。

液体窒素にとっては、室温が沸騰する温度であることや、
液体窒素の中に花を入れると、花の中に水分があるため、その水分が凍って粉々になることを知りました。

多くの科学や技術に触れ、初めて知ったことがたくさんあったようです。同時に、「なぜだろう」「不思議だな」「もっと知りたい!」という気持ちが膨らんだ1日となりました。

1学期終業式

1学期終業式を行いました。

各種検定等、1学期に日頃の努力の成果を発揮した生徒の表彰がありました。
  

1学期があっという間に過ぎ、夏休みですね。暑い日が続きますが、体調管理には十分に気をつけて、普段できない様々な体験をしてください。

 

 

防犯訓練

7月20日に不審者対策防犯訓練が行われました。

当日は、板橋警察署から2名の方を講師としてお迎えし、学校での休み時間に不審者が侵入してきたことを想定し、その際の対応について確認しました。

また、夏季休業を控え、校外でのトラブルに巻き込まれないために必要なことも学びました。

中学部 宿泊学習

7月3日から5日の3日間(2泊3日)、千葉県で宿泊学習を行いました。

「自主的・自立的・協調的な態度を養う」「計画的に事柄を進める技能を習得する」「自然の中での生活や活動を通して自然に親しむ」ことを目的に、さまざまな活動を行いました。

学校を出発する前に結団式があり、日程の確認や班長から班の目標の発表

そして、生徒会長からの挨拶、付添の方の紹介等がありました。

バスでの移動中は、バスレク班が企画してくれたレクで(連想ゲーム・クイズ)楽しく過ごすことができ、長い移動時間もあっという間でした。

千葉県立手賀の丘少年自然の家に到着し入所式!ご挨拶をし、館内の使い方について説明がありました。

食事はビュッフェ形式です。3日間の健康とマナーを考えて、楽しく気持ちよく食事をしました。
 

活動① 顔合わせレクリエーション

レク班の司会進行で、恒例のカーテンコールを行いました。カーテンの向こうには誰が…?ワクワクドキドキ…「10・9・8……3・2・1・カーテンオープン!」
 

活動② 野外活動 ネイチャーゲーム 君の葉は。

手賀の丘公園の自然の中で、制限時間内に、班で16種類の「葉」を見つけてくるゲーム!葉だけでなく、花や実のついたものを見つけられたら高得点!
   

活動③ 野外炊飯 カレー作り

班で協力してカレーを作りました。野菜を洗って、皮をむいて、切って…
    

使った道具を洗って、拭いて…

そろそろ煮えたかな…味はどうかな…
  

各班、美味しいカレーが出来上がりました!
 

活動④ 夜の集い・キャンドルファイヤー

2日目の夜は、夜の集い班の司会進行で、キャンドルを囲んでクイズで盛り上がり、歌を歌って親睦を深めました。

火の神々入場
 

ジェスチャークイズ
   

鳥のシルエットクイズ
 

火の神、再び登場、みんなで歌って
 

「キーブイ マヤコヨ ………火よ消えよ!」

あれ?キャンドルの火が消えた?!

 

自由時間の様子
  

最終日は来た時よりもきれいに!を目指してしっかり掃除をして

退所式

お世話になった手賀の丘少年自然の家の方に挨拶
 

 

活動⑤ 手賀沼親水広場「水の館」・我孫子市「鳥の博物館」

手賀沼に関する展示を見たり、「鳥とは何か」という素朴な疑問からスタートし、鳥の起源や進化について、説明を聞きいたり実物剥製を見たりして学習しました。
 

宿泊学習でのさまざまな経験をこれからの生活に活かしていってください。