「書籍」カテゴリーアーカイブ

MOVE -Mobility Opportunities Via Education(教育による動きづくり)-

MOVEとは、どんな重い障害をもった子供でも、座る、立つ、歩くなど、社会や家庭、学校での生活に必要な動き(技能)を習得することで、自立への道を開いていこうとする療法的な教育プログラムです。

といっても、特別な訓練技法や特殊な教育理論についての解説書ではありません。

本書は、

  • 発達段階にとらわれず、日常生活の中で必要な技能を学ぶトップダウン方式
  • 生徒自身、親、介助者の希望する具体的な目標が設定できること
  • プログラムの作成や指導方法、評価が簡単なので誰にでも実施できること
  • 学校や家庭の中でさまざまな機会をとらえて指導できること

などを特徴とした実践的で理解しやすい内容になっています。

また、運動技能だけではなく、知的、社会性、情緒の発達に加え、介助者の負担の軽減、周りの人の意識を変えることまで、幅広い視点をもっています。

監修者 筑波大学附属養護学校 松原 豊

お問い合わせ先
MOVEインターナショナル日本支部事務局
〒174-0041 東京都板橋区舟渡3-17-2-201
TEL&FAX 03-3967-4394
http://www.move-japan.org/

障害の重い子のための「ふれあい体操」

著者:丹羽陽一・武井弘幸
B5版 75頁 定価2,520円(本体2,400+税) CD-ROM付
黎明書房 2000/03/30出版
ISBN 978-4-654-00054-8 (4-654-00054-2)

オンライン書籍で購入
►Amazon.co.jp ►bk1 ►boople ►e-hon ►Jbook ►紀伊國屋書店 ►楽天ブックス
►クロネコヤマトのブックサービス ►ジュンク堂書店 ►セブンアンドワイ ►本やタウン

子育てとしての静的弛緩誘導法 -立川博講演集 第2集-

立川 博著
A5版 240頁 定価1,680円(本体1,600+税)
御茶の水書房 2003/09/10出版
ISBN 978-4-275-00291-4 (4-275-00291-1)

オンライン書籍で購入
►Amazon.co.jp ►bk1 ►boople ►e-hon ►Jbook ►紀伊國屋書店 ►楽天ブックス
►クロネコヤマトのブックサービス ►ジュンク堂書店 ►セブンアンドワイ ►本やタウン

教育としての静的弛緩誘導法 -立川博講演集 第1集-

立川 博著
A5版 296頁 定価2,520円(本体2,400+税)
御茶の水書房 2003/09/10出版
ISBN 978-4-275-00290-7 (4-275-00290-3)

オンライン書籍で購入
►Amazon.co.jp ►bk1 ►boople ►e-hon ►Jbook ►紀伊國屋書店 ►楽天ブックス
►クロネコヤマトのブックサービス ►ジュンク堂書店 ►セブンアンドワイ ►本やタウン

静的弛緩誘導法 改訂新版 -動作の不自由な子どものための基礎的指導-

立川 博著
A5版 278頁 定価2,310円(本体2,200+税)
御茶の水書房 旧版1985/08、改訂新版1987/09/25出版
ISBN 978-4-275-00762-9 (4-275-00762-X)

オンライン書籍で購入
►Amazon.co.jp ►bk1 ►boople ►e-hon ►Jbook ►紀伊國屋書店 ►楽天ブックス
►クロネコヤマトのブックサービス ►ジュンク堂書店 ►セブンアンドワイ ►本やタウン

障害者のための絵でわかる動作法 -はじめの一歩-

「訓練会・研修会等で指導を受けた時はわかったような気がするのですが、いざ自分自身で実践してみると難しくてわからない」といった声に応えた、豊富な絵によって訓練をひとつひとつ確認しながら実践できる解説書。
ページを追って解説していくのではなく、動作訓練対象児・者の動作特徴であるモデルパターンを選択して、自分が覚えたい訓練だけを追っていけるナビゲーション形式。

さらに、動作訓練対象者ひとりひとりの指導記録をチェック・書き込めることを念頭においたサブノート形式を採用。

第1章 動作法概論(動作法の基本的考え方/訓練計画とかかわり方/家庭での訓練の進め方)
第2章 状態像をつかむ(臥位姿勢/座位姿勢/膝立ち姿勢/立位姿勢)
第3章 訓練の進め方(はじめの一歩/核となる訓練/発展訓練)

[文] 長田 実・宮崎 昭・渡邉 涼
[絵] 田丸 秋穂

B5版 125頁 定価2,730円(本体2,600+税)
福村出版  1999/10/10出版
ISBN 978-4-571-12092-3 (4-571-12092-3)

オンライン書籍で購入
►Amazon.co.jp ►bk1 ►boople ►e-hon ►Jbook ►紀伊國屋書店 ►楽天ブックス
►クロネコヤマトのブックサービス ►ジュンク堂書店 ►セブンアンドワイ ►本やタウン

動作法ハンドブック 応用編 -行動問題、心の健康、スポーツへの技法適用-

 動作法は、当初、主として脳性まひの子どもについて、動作の改善のために開発されましたが、それが、肢体不自由児の動作改善にとどまらず、自閉・多動児、重度知的障害児、重度・重複障害児の行動にも改善も硬貨を示す事が分かり、その適用範囲が広がってきました。
当時、「動作法ハンドブック 基礎編 -初心者のための技法入門」を編集する家庭では、その事を念頭に置きながらも、本来の動作改善に関する方法に絞ってまとめ、行動問題、心の健康、スポーツ等への技法の適用については、同書では詳しくは触れられていません。

したがって、そのような意図に基づいて、その応用編である本書を編集し公にする事としました。
(まえがきより)

本書の構成

I  動作法適用の発展
II  障害者の行動改善
III 心理的行動の改善
IV 運動・スポーツ技能の向上
V  日常動作の向上
VI 心理的健康の保持・増進
VII 動作法適用の参考事例

大野清志・村田 茂 監修

A5版 296頁 定価:3,150円 (本体3,000円+税)
慶應義塾大学出版会 2003/05/20出版
ISBN 978-4-7664-0978-9 (4-7664-0978-7)

オンライン書籍で購入
►Amazon.co.jp ►bk1 ►boople ►e-hon ►Jbook ►紀伊國屋書店 ►楽天ブックス
►クロネコヤマトのブックサービス ►ジュンク堂書店 ►セブンアンドワイ ►本やタウン

動作法ハンドブック 基礎編 -初心者のための技法入門-<改訂版>

 本書は、これから動作法を学ぼうとしている、主として養護学校の教師を対象にして編集したものです。
動作法の理論について述べられた書物は、すでにかなり刊行されていますが、その技法を中心として紹介した図書は、残念ながら少ないのが現状です。

それは目に見える技法のみにとらわれて、その技法の背景にある考え方がなおざりにされ、正しく動作法を取得する妨げになりはしないかと恐れたことに、主な理由があります。
しかし、理論を学ぶことも重要ですが、具体的な方法として、その技法を拾得しない限りは、実際の指導にほとんど役立てることができないということにも一理あります。
そのため、初心者が、実際の技法を学ぶための手引きとなるものを求める声が強いこともまた事実です。

このような要望に応えようとして、本書を編集したわけです。したがって、収録した技法は、初歩的なものに限られ、すでに熟達した人たちが用いている高度なものは含まれていません。

本書の構成

本書は、動作法の概要を「I 動作法概説」として述べ、II以下の章は、訓練指導の際の姿勢・肢位によって、「寝る」「すわる」「立つ」「歩く」の四つの章立てになっています。
この姿勢・肢位ごとの章に訓練指導の基本的な単位(モデルパターン動作)に即して、その技法の説明があります。VIでは、実際の子供の訓練指導の展開例について、事例を交えて紹介してあります。

大野清志・村田 茂 編

A5版 225頁 定価:2,520円 (本体2,400円+税)
慶應義塾大学出版会 初版1993/07、改訂版2003/05/20出版
ISBN 978-4-7664-0977-2 (4-7664-0977-9)

オンライン書籍で購入
►Amazon.co.jp ►bk1 ►boople ►e-hon ►Jbook ►紀伊國屋書店 ►楽天ブックス
►クロネコヤマトのブックサービス ►ジュンク堂書店 ►セブンアンドワイ ►本やタウン