8月27日 桐がっ子たち海に遊ぶ ~三浦海岸共同生活~

夏の恒例行事になってきた筑波附属11校の生徒による共同生活が、25日からの3日間、神奈川県の三浦市で行われた。これまでは、黒姫高原での山の生活だったが、今年からは三浦での海の生活となった。 桐が丘からは小学部4年生から高等部1年生まで6人が参加した。総勢100名、引率の教職員30名の大世帯での生活だ。小学生、中学生、高校生がおり、様々な障害のある子供たちも参加する。そこでは、一緒に生活することを、楽しむことを創造する。力を合わせることの喜び、やりがい、同時にいろいろな人が一緒に生活することの大変さも学ぶのだ。 これまでとの違いは何といっても海の活動だろう。


その中でもメインは、シーカヤック。桐が丘の子供たちは、教員と一緒に二人乗りのカヤックにのった。前に乗り、海に漕ぎ出すと、オールで水を掻く。カヤックで海の上を進む浮遊感は格別だう。100mほど沖まで行き、沖でいろいろ動いた後に帰ってくる。帰ってきたときの子供たちの表情に、満足感と達成感が感られた。ある生徒は「ゆりかごにのっているみたいだっった」と言っていた。ゆりかごに入っていたころの記憶があるのだろうか。


ある生徒は、野外炊事のとき、薪の火からの煙が目にしみた。それでも、カマドから離れず、ウチワで風を送ることをやめなかった。(写真3)
スイカ割りで、スイカを目がけて振り下ろした棒はスイカをはずしたものの、仲間と食べたスイカの甘さに、思わず顔を見合わせていた。 他校の子供たちともたくさん交流したようだ。初めのうちは、緊張した表情がご飯の回数を重ねるにつれ緩んでいくのが分かった。