運動会(中学部編)

 運動会シーズン真盛りですが、当校でも9月28日(土)に小学部・中学部・高等部合同で運動会が行われました。

 今年は、校舎改築中でグラウンドが使用できず、雨天など天候も心配されるため、思い切って自校の体育館で運動会を開催しました。当然、グラウンドより狭くなり、プログラムも制約されるのですが、限られた条件の中で、教員も子どもも、お互いに「考えて、表現する」運動会となりました。

 中学部種目や上級生(中高の2・3年生)のダンスなども、考えて表現するということを主眼に、教員は環境を整備し、子どもたちが主体となって活躍しました。

 一部ですが、その様子をお伝えします。ダンスは「校長日記」に詳細がございますので、ぜひご覧ください。

中学部種目(桐が丘風旋リレー)

 この種目はペア(2人組)で大きな風船をお互いにパスしながら一周し、次のペアに風船をパスしていくという種目です。生徒はお互いの得意なパスの方法を知り、縦や横など、やりやすいスタイルを試行錯誤して本番に臨みました。見ごたえのある種目でした。

中学部リレー

 体育館開催のため、コースはグラウンドに比べてカーブがきつく、直線は短くなります。子どもたちは、単に直線でスピードを上げるのではなく、いかに効率よく曲れるかを試行錯誤しながら運動会に臨んでいました。ハラハラドキドキの手に汗握るリレーとなりました。

コーナーは大迫力です!

 限られた環境の中での運動会でしたが、教員が思っている以上に子どもたちはよく考えて運動会に参加していました。今年は校舎改築中で、限られた環境の中での行事が多くなりますが、教員も子どもたちも工夫を凝らして、有意義な行事にしていきます。10月は、中間試験が終わると文化祭(11月2日(土))へむけて準備となります。