12月12日 ヒーローになる時期は一人一人違う ~穴澤雄介さんのメッセージ~

今日の音楽鑑賞会、ヴァイオリンの演奏が素敵だったのはもちろんだが、演奏された穴澤雄介さんのメッセージがまた素敵だった。

心臓疾患から視覚障害になられた穴澤さんは、高校時代には視力を失う。そんな中で、音楽の道に進むことを決意しヴァイオリンを猛練習した。だが、ヴァイオリニストを目指すには遅いスタートで、演奏家で食べていく難しいことを悟られる。しかし、穴澤さんはそのマイナスをプラスに変えた。演奏だけではやれないなら、自分にしかできない演奏をすればいいと思い立ち、「作曲+演奏」の道に進んだのだ。今では、年1枚のペースでアルバムを発表、17枚にもなるというから驚きだ。

穴澤さんは心臓の手術を何度も受けている。当然、運動は制限された。50Mも走れなかったそうである。成人になって、3回目の手術を終えてから、ようやく健康面でも心配もなくなったそうだ。そこで、穴澤さんは、子供の頃にやりたくてもできなかった「走る」ことに挑戦を始める。だが、外は走れない。室内で練習できるようルームランナーを買って、1分、2分と走る距離を少しずつ伸ばした。2年間、そうした練習を続け、昨年、穴澤さんはフルマラソンを完走することができた。6時間制限のところを「5時間58分」でのゴールだったそうだ。穴澤さんは言う。「誰にでもヒーローになるときがある。その時期が一人一人違うだけだ。」

穴澤少年にとって、フルマラソンを走る人はヒーローに映ったことだろう。そのヒーローと同じことを、何十年かかけて達成したのだ。それは、まさに自分史に残るヒーローに違いない。

私達は、自分の人生を生きている。人の人生は生きられない。ヒーローは自分の人生にこそ必要なのだ、そう思った。