平成30年度 東京都公立学校パラスポーツ交流会(ボッチャ大会) 準優勝!

8月4日(土)に東京都立府中けやきの森学園で行われた、「平成30年度 東京都公立学校パラスポーツ交流会(ボッチャ大会)」に本校高等部、中学部から4名(高等部2名、中学部2名)の生徒が出場しました。

各学校からの代表チームが出場する、学校代表戦ということもあり、手に汗握る試合が多く見られました。

【 試合結果と戦評 】
★第一試合 VS 城北特別支援学校
1エンド 1-0
2エンド 4-0
スコア 5-0

初戦で中学生は緊張もある中、高校生がうまくリードし、得点を重ね幸先の良いスタートをきる。

★第二試合 VS 城南特別支援学校
1エンド 0-3
2エンド 3-0
スコア 3-3 タイブレイクにて勝利

1エンド目に3点を奪われ、相手にリードされる苦しい展開の中、2エンド目に3点を奪いタイブレイクへ。

キャプテンの安定した投球で勝利し準決勝へ進む。

★準 決 勝 VS 多摩桜の丘学園
1エンド 1-0
2エンド 1-0
スコア 2-0

休憩時間に投球動作や作戦を確認して臨んだ準決勝。

それぞれがベストに近い投球をし、接戦をものにする。

★決  勝 VS 府中けやきの森学園
1エンド 0-4
2エンド 1-0
スコア 1-4

決勝は大勢の観客が見守る中、一球ごとに歓声が起こる素晴らしい舞台でのゲームとなった。

1エンド目は後攻の中、ジャックボールの投球権が移り、ジャックボールを投球する。

自分たちに有利な場所にジャックボールを投球することができたが、

後日行われたボッチャ選抜甲子園で優勝するチームに4点を奪われてしまった。

2エンド目も1球毎に投球権が移り変わる我慢の試合展開が続く中、同点に持ち込むことが難しくなってしまう。

相手がリードした状況で迎えた最終投球。ジャックボールを動かし、1点を奪うことに成功。

投球の直後、会場中から多くの歓声と拍手が起こり、試合終了。

試合には敗れたものの、最後まで果敢に1点を奪いに行く姿勢は、会場にいた多くの人に感動を与えるとともに

スポーツ可能性を再認識させられるものだった。

今年度、ボッチャ大会参加は一区切りとなりますが、大会参加を通して生徒は多くの経験をすることができました。

大会参加に当たって、多くに方々にサポート頂き、活動することができたことに感謝いたします。