本校卒業生の映画作品が「第42回ぴあフィルムフェスティバル」入選作品に選ばれました!

本校の平成27年度卒業生,石田智哉さんの自主映画作品「へんしんっ!」が,「第42回ぴあフィルムフェスティバル」コンペティション部門である「PFFアワード2020」の入選作品に選ばれました!(詳しくは下のリンクをクリック)

「第42回ぴあフィルムフェスティバル」コンペティション部門「PFFアワード2020」入選作品発表!

「ぴあフィルムフェスティバル」は映画監督の森田芳光さんや園子温さん,内田けんじさん等,日本映画界で活躍する監督を多く輩出している映画祭です。そんな大きな映画祭で,石田さんの作品が入選したのです!!

入選作品は,9月12日(土)から2週間,国立映画アーカイブで開催する「第42回ぴあフィルムフェスティバル」で各作品2回ずつ上映されるそうです。また,9月25日(金)には表彰式が行われ,最終審査員らによって各賞が発表される予定です。お時間のある方は,是非会場へと足を運んでみてください。(国立映画アーカイブのHPは下のリンクをクリックしてください)

国立映画アーカイブ

石田さんは本校高等部を卒業後,立教大学現代心理学部映像身体学科に進学しました。大学では,立教大学の主催するバリアフリー映画上映会「だれでも楽しい映画会」の実行委員を務めたり,立教大学映像身体学科研究会制作部門スカラシップに採択されたりするなど,夢の実現に向けてたゆまぬ努力を続けてきた方です。

また,桐が丘卒業後も土曜日に行われているICT活用学習会に,OBとして参加してくれることがありました。そして,一昨年度から参加しているKWN(キッドウィットネスニュース)の映像制作場面にも顔を出してくれています。

桐が丘の在校生の皆さん,先輩に続けるよう,努力していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です