遊びのディスタンス(小6)

 小学部6年生の休み時間。「コマ」が回っています。

 それぞれが回しやすいタイプを選んで、スタンバイ。「どうしても体を寄せ合うことになるよな…」と大人の心配で見守っていると…。
 それとなく“すぅー”っと離れ、その行く末を見守っていました。

 みんなで遊びたいことは大きく変えずに工夫をしていく。他の場面で確認したことを違う場面で応用していく。遊び方も人との距離の取り方も自分たちで考えてやってみる。使っていないボードを見つけては戦いのステージにしてしまう。

 子どもたちならではの「合わせていく力」を感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です