9月17日 「は」の付く言葉

今年入学してきた1年生が「は」の付く言葉を集めていた。黒板に、「はがき」「はな」「はらじゅく」「はらかんとく」と書いている。

H君の番になった。H君は、一音ずつゆっくり話すが少し聞き取りにくい。S先生は「はなし」と受け止めた。黒板にもそう書いた。だが、H君は首を横に振った。どうやら違うようだ。

そこで、チームで入っているO先生がH君の隣にいき、もう一度ていねいに聞く。O先生が「はまち」と聞き取る。S先生が「お寿司のはまち」と聞くと、H君笑顔で首を縦に振る。先生が「好きなの?」と聞くと。これにもコクリ。譲れないはずである。

次に、N君。
N君、少し時間をかけ「よこはま」と答える。語頭にない言葉をひねり出した。ほかの子とは違う見方をするN君らしい。


短い時間だったが、一人一人の個性が感じられる場面だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です