動作訓練入門 -養護学校現場でどう生かすか-

 本テキストは、初心者が動作訓練を学んでいく上での手がかりを書いたものです。

また、ここに記述されていることがらは、検討途上のものなので、今後も改訂されていくものです。
ですから、本書の内容は、講義、実技、ならびに研究協議という研修をとおした知恵として各自が身につけて、実践に生かしていただきたいと思います。

このテキストは、次の5章で構成されています。

1章 動作訓練の理論
基本的な考え方とともに、「動作」をはじめとするさまざまな用語についても解説しています。

2章 動作訓練の方法
立位・歩行系、書字系、発声・発語系、行動変容系の代表的な訓練方法を紹介しました。

3章 動作訓練の訓練計画
実態把握から記録・評価までの手順についてのさまざまな工夫が記載されています。

4章 学校教育での活用
養護・訓練から健常児の猫背に対する指導まで、動作訓練の応用の仕方を、実践例も含めて紹介しました。

5章 動作訓練の研修
訓練キャンプや文献、並びに資格認定等の紹介だけでなく、様々な研修の進め方の工夫を載せました。

監修 村田 茂
編集 宮崎 昭 早坂方志

B5版 188頁 定価 2,039円 (本体1,942円+税)
社会福祉法人 日本肢体不自由児協会 1993年出版

ご注文は発行先へ
社会福祉法人 日本肢体不自由児協会
〒173-0037  東京都板橋区小茂根1-1-7
Tel 03-5995-4511:Fax 03-5995-4515
>>http://www.normanet.ne.jp/%7Ejsdc/gyoumu/mokuroku.html