よくある質問

○桐が丘について
Q.住所と連絡先が二つあるが、本校と施設併設学級は何が違うの?
Q.障害種別は、何ですか?
Q.桐が丘特別支援学校と学校間・生徒間交流を図りたいのですが?
Q.学区域はありますか?
Q.名称は養護学校ではないのですか?
Q.学校の様子を見学したいのですが?


○教育活動・学校生活について
Q.宿泊行事では付添いが必要ですか?
Q.スクールバスによる送迎はありますか?
Q.部活動はありますか?
Q.給食はありますか?
Q.校内で検定試験を実施していますか?
Q.寄宿舎寮はありますか?
Q.始業時間、終業時間は何時ですか?


○校舎・設備について
Q.施設(校庭、体育館、プール)の開放、貸し出しを行っていますか?
Q.プールはありますか?
Q.エレベータはありますか?
Q.近隣に医療機関はありますか?


○入学選考について
Q.学区域はありますか?
Q.入学選考の内容はどのようなものですか?
Q.各学部の募集定員は何名ですか?


○介護等体験について
Q.介護等体験でそちらの学校に行く時、どのようなものを準備すればよいですか?
Q.どのような服装で行けばよいですか?


○これは何ですか?(肢体不自由校でよくみかけるもの)
Q.机のかたちが凹んでいる?
Q.うぉーかー?
Q.いろいろなかたちの椅子?
Q.くらっち?


○桐が丘について

Q.住所と連絡先が二つあるが、本校と施設併設学級は何が違うの?

A.本校は主に通学生を対象としています。
 施設併設学級は隣接する心身障害児総合医療療育センターに手術目的などで短期在籍している児童生徒(および一部の長期在籍生徒)を対象にしています。
 心身障害児総合医療療育センターへ短期在籍している生徒については問い合わせ等は施設併設学級へ、通学生の生徒募集などその他の件につきましては本校へお問い合わせください。
 ただし、連絡先に明記されている場合はそちらを参考にしてください。

Q.障害種別は、何ですか?

肢体不自由児の学校です。

桐が丘特別支援学校と学校間・生徒間交流を図りたいのですが?

本校の「支援部」が窓口となっております。
次年度の検討課題として対応させて頂きますので
電話、FAX、E-mailにて、その旨をご連絡下さい。

   TEL:03-3958-0181
   FAX:03-3958-3901
   E-mail:shien@kiri-s.tsukuba.ac.jp児童生徒の教育活動は年次計画に沿って進めております。
 年度途中の急な申し出には対応致しかねますので、ご遠慮下さい。

学区域はありますか?

当校に学区域はありません。
また受験に関しても規定はありません。

東京都内に在住の児童生徒のほか,埼玉,千葉,神奈川から通学する児童生徒もいます。
隣接する県から通学する児童生徒は
自家用車,または公共の交通機関(電車・バス)等を利用しています。

名称は養護学校ではないのですか?

学校教育法の一部改正に基づき、平成19年4月1日より校名を「筑波大学附属桐が丘養護学校」から「筑波大学附属桐が丘特別支援学校」に改めました。

最寄り駅はどこですか?

東京メトロ有楽町線 小竹向原駅です。
3番出口をご利用下さい。

>>アクセス

学校の様子を見学したいのですが?

【保護者・入学希望者の方】
本校では5月から10月までの毎月1回、入学希望者に対して学校見学日を開催しています。
トップページにある「学校見学日」をご覧下さい。

【教員・研究者の方】
トップページに掲載されている電話番号・e-mailにて予めご連絡下さい。

○教育活動・学校生活について

宿泊行事では付添いが必要ですか?

各学部で年に一度、宿泊行事(6~7月)があります。
児童生徒の介助条件により、付添いが必要になります。

新入生は基本的に付添いが必要となります。
付添いの有無は行事前の担任との面談で確認します。

その他の行事(校外学習など)では、介護等体験の学生が引率します。

【宿泊学習の一場面】

スクールバスによる送迎はありますか?

本校からスクールバスが2台、朝と放課後に児童生徒を送迎しています。

北部コースと南部コースがあります。
その年の利用状況によって、ルートが変更される場合があります。

【スクールバス】

部活動はありますか?

高等部は「ハンドサッカー部」と「バンド部」があり、
不定期ですが放課後(15:20-16:20)に活動を行っています。
両部活とも、東京都の大会に出場しています。

中学部は部活動はありませんが、「スポーツ同好会」「レクレーション同好会」
の2つの同好会があります。
こちらも、不定期ですが放課後(15:20-16:20)に活動を行っています。

小学部はありません。

【ハンドサッカーの練習風景】



【バンド部による演奏(桐が丘祭)】

給食はありますか?

【本校】
小学部から高等部の全ての児童生徒に給食を提供しています。
食事形態は普通食です。
必要に応じて、各学級で刻み等が行われます。
アレルギー物質に関しては、個別に除去したものを提供致します。

【施設併設学級】
学校が提供する給食はありません。
病院に戻って昼食をとります。

【本校の給食】

校内で検定試験を実施していますか?

本校では漢字検定、数学検定、英語検定、ニュース時事能力検定、パソコン検定(P検)などの各種検定を各学期に1回程度、受検を希望する児童生徒を募り実施しています。

中学部、高等部の生徒は各自の段階に応じて級を選択し、積極的に受検しています。

小学部の児童は、漢字検定、数学検定を受検しています。

寄宿舎寮はありますか?

現在ございません。
「本校」の児童生徒は自宅からの通学となります。

始業時間、終業時間は何時ですか?

始業時間 8:40
終業時間 4時間授業 13:20
     5時間授業 14:30
     6時間授業 15:20

○校舎・設備について

施設(校庭、体育館、プール)の開放、貸し出しを行っていますか?

現在、行っておりません。

プールはありますか?

小学生用の温水プール(5m×5m 深さ50cm)があります。
中高生用のプールはありません。

エレベータはありますか?

【本校】
小中学部棟に1基、高等部棟に1基、計2基ございます。
一度に2~4台の車椅子が乗車可能です。
また、各階を結ぶスロープもございます。

【施設併設学級】
1基ございます。
一度に2~4台の車椅子が乗車可能です。
また、各階を結ぶスロープもございます。

近隣に医療機関はありますか?

心身障害児医療療育センター【本校400m:施設併設学級敷地内】
日本大学医学部附属板橋病院【本校1000m:施設併設学級1500m】
の二つの医療機関がございます。

○入学選考について

学区域はありますか?

当校に学区域はありません。
また受験に関しても規定はありません。

東京都内に在住の児童生徒のほか,埼玉,千葉,神奈川から通学する児童生徒もいます。
隣接する県から通学する児童生徒は
自家用車,または公共の交通機関(電車・バス)等を利用しています。

入学選考の内容はどのようなものですか?

小学部
集団活動、心理検査 ※その他、各種検査

中学部
学力試験(国語、算数) ※その他、各種活動と検査

高等部
学力試験(国語、数学、理科、社会、英語) ※その他、各種活動と検査

各学部の募集定員は何名ですか?

小学校 各学年 【普通学級 6名 特別学級 1~2名 計7~8名】

中学部 各学年 【普通学級 6名 特別学級 3名 計9名】

高等部 各学年 【普通学級 8名 特別学級 3名 計11名】

個に応じた教育を行うことを基本として,障害種別に2つの学級(普通学級・特別学級)を設定しています。

○介護等体験について
介護等体験でそちらの学校に行く時、どのようなものを準備すればよいですか?

1筆記用具
2上履き
3動きやすい服
4昼食
を準備してお越し下さい。
3に関しては、更衣室がありますのでそちらをご利用ください。

どのような服装で行けばよいですか?

登校、下校の際は私服で構いません。

屋外での活動や児童生徒の介助がありますので
動きやすい服、ジャージをお勧め致します。
お気に入りの服での活動はお勧め致しません。
更衣室を用意してありますので、そちらでお着替え下さい。

また、指輪・ネックレス等のアクセサリーは
介助の際、児童生徒を傷つける恐れがありますのでお外し下さい。

○これは何ですか?(肢体不自由校でよくみかけるもの)
机のかたちが凹んでいる?

体と接する部分が凹んでいる「カットテーブル」です





体幹を保持することが難しい子どもが使用します。
腕、肘で上体を支えることができます。
子どもの大きさ、使用している椅子の大きさによって
カットしている部分の大きさが異なります。

使用している様子


ねじの固定場所を変更することによって
机の高さを調節することができます。
個人での購入となります。

うぉーかー?

ウォーカーとは歩行器具です。

様々な形態の物があります。

【PCウォーカー】


使用している様子


留め金の位置をずらすことによって
高さを調節することができます。
個人での購入となります。


いろいろなかたちの椅子?

姿勢が崩れやすい子どもが使用する座位保持椅子です。
子どもの状態によってさまざまな形の物があります。

モールド型
座位の型どりをして成形します。



股関節や脇部分に身体を保持する器具がついています。
胸、腰の位置にベルトがついています。



ねじの位置をずらすことによって
高さを調節することができます。


個人での購入となります。


くらっち?

杖(クラッチ)です。

歩行するときに使用します。