4.外部支援・居住地校交流

特別支援学校は,地域のセンター的機能を担う役割を持っています。

教育相談・支援部門では,乳幼児・児童・生徒とその保護者等への教育相談や,近隣地域の保育園,幼稚園,小,中,高等学校に対して,医療機関等の関係機関と連携をとりながら教育支援を行っています。

進路(移行支援)部門においては,各学部の児童生徒の対して,個のニーズに応じた進路支援を行っています。