ご挨拶

桐が丘のホームページを訪ねていただき、ありがとうございます。校長 下山 直人
私は、この4月より、筑波大学附属桐が丘特別支援学校の校長に赴任しました。

桐が丘は、昭和33年に東京教育大学教育学部の附属養護学校として誕生しました。
以来、60年以上、肢体不自由教育に携わり、全国の関係者と交流を重ねてきました。

桐が丘には、二つの校舎があります。家庭から通う児童生徒の「本校舎」と、整肢療護園から通う児童生徒の「施設併設学級校舎」です。この二つの校舎で、肢体不自由の状態や発達段階の異なる120名程が学んでいます。

私たちは、桐が丘で学ぶ児童生徒が可能性を伸ばし、好きなことを見付け、一生をかけてやりたいことを探してほしいと願っており、それを実現する教育を目指しています。この点は、どんなに障害の重い児童生徒でも変わらないと信じています。

そして、そうした教育を追求する過程で出てきた児童生徒の声、表情、作品や、教職員の喜び、悩み、実践研究のまとめなどを、本ホームページで大いに発信し、この教育に関心のある皆さんとの交流を深めていきたいと考えています。

桐が丘のホームページを、ときどき訪ねていただき、ご意見ご感想などお寄せいただければ幸いです。

校長 下山 直人