桐高生日記vol.57

Sさん(高3)の日記から・・・

 高1のSさん①が読書体験記コンクールで入選したと知り、自分が入選したときのことを思い出しました。字数が多くて大変でしたが、先生のおかげでなんとか書き上げられた記憶があります。そんな状態だったので賞状を頂いたときは本当に嬉しかったのですが、優良賞になれなかったのが悔しくて素直に喜べなくなってしまいました。しかし今思うと、私は相当頑張ったし、Sさん①は本当にすごいです。Sさん①には、素直に喜んで自信を持って欲しいです。
 Sさん①の書いた体験記を読んでみたいです。
(2021.2.10)

(先生から)
 vol.52に対する、高3Sさんのレスポンスです。「先生のおかげ」なんて謙遜してるけど、Sさんの実力だと思いますよ。「優良賞になれなかったのが悔しくて・・」は正直な思いでしょう。それくらいの気持ちがなくては「入選」だってできません。「精神的に向上心のないものは、ばかだ。」です・・すみません、脱線しました。なかなか直接顔も合わせられない毎日ですが、こんな学年を超えたエールで、お互い刺激し合って成長していってくれたらな、と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です