OkabeMoriatsu のすべての投稿

文化祭モード突入!  (中学部)

 秋まっただ中、中間考査も終わり、桐が丘は文化祭へ向けて一直線という雰囲気になります。11/2日(土)に行われる文化祭についての詳細は、HPの文化祭のしおりをご覧ください。

 今年の文化祭のテーマは、「Old & New ~今だからできること~」です。校舎改築中の桐が丘は、味のある旧校舎とまぶしいほどピカピカの新校舎、まさに新旧が入り混じっています。また、建物だけではなく、子どもたちもピカピカの小学校1年生から、ベテラン?の高等部3年生まで12年分がぎっしり詰まっています。

 さて中学部はというと・・・、少しだけご紹介させていただきます。さらに深く知りたい方は、ぜひ文化祭にご来校下さい。

 

 中学部1年企画「つくってたのしもう、パーカッション!!」

 生徒より「中身を選ぶ、よりどりみどり、世界で一つのあなたのパーカッション!(無料)」

この大量の材料から、何が作られるのでしょうか?(当日のお楽しみ)

中学部2年「ドキドキボーリング、ワクワクボールすくい」

 生徒より「老若男女たのしめるゲームですよ!(無料)」

これは何に使うのでしょう?(当日のお楽しみ)

中学部3年「世にも奇妙な朗読会~恐怖の3-1へようこそ~」

 生徒より「こわいけど、こわくないよ、でも、ちょっとだけこわい?(無料)」

これはいったい何?
(ご自身の目と耳でお確かめください)

 テーマも企画も生徒たちが自身で考えたものです。生徒たちは今日は準備に追われていますが、当日は自身の発表だけでなく、お互いの企画を見合います。後輩は先輩たちの姿から未来を描き、先輩は後輩たちの姿から初心を思い出し、これからの未来を描き続ける・・・そんな気持ちがこめられた文化祭になります。

11/2日(土)、ぜひ、ご来校下さい。お待ちしています!

運動会(中学部編)

 運動会シーズン真盛りですが、当校でも9月28日(土)に小学部・中学部・高等部合同で運動会が行われました。

 今年は、校舎改築中でグラウンドが使用できず、雨天など天候も心配されるため、思い切って自校の体育館で運動会を開催しました。当然、グラウンドより狭くなり、プログラムも制約されるのですが、限られた条件の中で、教員も子どもも、お互いに「考えて、表現する」運動会となりました。

 中学部種目や上級生(中高の2・3年生)のダンスなども、考えて表現するということを主眼に、教員は環境を整備し、子どもたちが主体となって活躍しました。

 一部ですが、その様子をお伝えします。ダンスは「校長日記」に詳細がございますので、ぜひご覧ください。

中学部種目(桐が丘風旋リレー)

 この種目はペア(2人組)で大きな風船をお互いにパスしながら一周し、次のペアに風船をパスしていくという種目です。生徒はお互いの得意なパスの方法を知り、縦や横など、やりやすいスタイルを試行錯誤して本番に臨みました。見ごたえのある種目でした。

中学部リレー

 体育館開催のため、コースはグラウンドに比べてカーブがきつく、直線は短くなります。子どもたちは、単に直線でスピードを上げるのではなく、いかに効率よく曲れるかを試行錯誤しながら運動会に臨んでいました。ハラハラドキドキの手に汗握るリレーとなりました。

コーナーは大迫力です!

 限られた環境の中での運動会でしたが、教員が思っている以上に子どもたちはよく考えて運動会に参加していました。今年は校舎改築中で、限られた環境の中での行事が多くなりますが、教員も子どもたちも工夫を凝らして、有意義な行事にしていきます。10月は、中間試験が終わると文化祭(11月2日(土))へむけて準備となります。

    夏体験発表

 2学期が始まると、中学部には、「夏体験発表」という行事があります。これは、いわゆる「夏の自由研究」に近いものですが、桐が丘の「夏体験発表」は、「チャレンジ」が合言葉です。身近な社会とつながるチャレンジ体験を自分で考えて、実行し、発表するのが特徴です。

 発表は、生徒全員がそれぞれ持ち時間4分で発表します。司会進行もすべて生徒が行います。わかりやすい伝え方や時間配分など、様々な工夫が凝らされた発表となります。

 今年も、とても魅力的な体験発表がたくさんありました。発表にも熱が入っていました。

発表のすべてをご紹介できませんが、一部をご紹介します。

1年生

 年金について調べてみました。インターネットで調べるだけでなく、実際に区役所に言って知りたいことを聞いてきました。年金の種類や受給について、いろいろとわかりましたが、調べれば調べるほど、次々に知りたいことが出てきました。さらに調べ続けたいと思います。

2年生

 「パスポート」を取得することにチャレンジしました。申請書類の多さや、「戸籍抄本」など知らない書類もあり、未成年の場合は有効期間5年のパスポートしか取得できない等、いろいろなことがわかり、とても勉強になりました。

3年生

 大学で模擬講義を受けることにチャレンジしました。大学の雰囲気を直接感じることができて良かったです。興味のあることや好きなことを、深く学ぶことができるというのは、何よりの至福の時間だと思えました。

 みなさん、「次回はこういうことをしてみたい」や、「先輩のチャレンジを私もやってみたい」などの感想が出ていてとてもすばらしい発表でした。また、全員が4分で発表できていました。素晴らしいです。

 2学期は運動会や文化祭等、行事も盛りだくさんです。さまざまなことにチャレンジしていきましょう。次回は運動会の様子をお伝えします。

中学部宿泊学習

 遅ればせながら、中学部宿泊学習の様子をご紹介いたします。

 中学部は、7月3日~5日の2泊3日の日程で宿泊学習を行いました。場所は、自然につつまれた藤野芸術の家という場所です。自主・自立・計画性・協調性・自然とのふれあいを目的として、雨の中出発しました。

宿泊学習1日目

 1日目は、付き添いの方との顔合わせレクリエーションやフォークダンスで盛り上がり、自由時間などはカードゲームで楽しくすごしました。そして、よく食べた1日でした。

宿泊学習2日目 

 2日目は、自然散策、工房でのサンドブラスト体験と夜の集いが中心となります。特に夜の集いは各班が準備を重ね、趣向を凝らした出し物で大いに盛り上がるイベントです。 

残念ながら自然散策は、雨のため中止となり、川柳大会となりました。優勝は、「みな走り 馬車に変身 車いす」です。なぜ馬車?と思われるかもしれませんが、ここ藤野芸術の家は床が木のブロックですので歩くとコトコト音をたてるのです。車いすで走ると「コトコトコトコト・・・」とまるで馬車のような小気味よい音をたてるというわけです。素晴らしい川柳です。ちなみに次点は「夜レクも 楽しいけれど やっぱメシ」(夜レク=夜の集いのことです)という素直な表現の一句でした。みなさん、それなりに川柳を楽しんでいたようです。

 午後は、サンドブラストです。みなさん、思い思いのデザインでお皿を作成していました。サンドブラストの作業も、初めはおっかなびっくりでしたが、だんだんと慣れてきて、楽しんで自分だけの作品を完成させることができました。

 午後は、サンドブラストです。みなさん、思い思いのデザインでお皿を作成していました。サンドブラストの作業も、初めはおっかなびっくりでしたが、だんだんと慣れてきて、楽しんで自分だけの作品を完成させることができました。

 夜は、いよいよ宿泊学習最大のイベント「夜の集い」です。

 まずは、火の神・水の神入場!みんなでU.S.Aの大合唱です。

 イス取りゲームやクイズなどで盛り上がった後、いよいよラストは、またもや大合唱(パプリカ)でした。生徒が出向を凝らした企画でとても楽しい集いとなりました。

宿泊学習3日目

 最終日は、藤野芸術の家を後にして、NTT技術史料館の見学です。ここは、日本電信電話公社時代から現在までのNTTの技術史料を「歴史をたどる」と「技術をさぐる」の二部構成で展示しています。生徒さんにとっては、初めて見るものも多く、「ふーん」「すごーい」など興味津々でした。一方、教員は「懐かしい」「私も使っていました」など感慨深い方も多かったようです。

 こうしていろいろあった3日間でしたが、みなさん成長した自分を実感できたようです。これから夏休みとなりますが、さらに成長して、2学期には元気な姿を見せて下さい。

宿泊学習から帰ったら

 中学部は、7/5(金)に無事宿泊学習を終えました。本来なら中学部日記は宿泊学習編のはずですが、月曜日の学校には、いつもと違う光景が広がっていましたので、予定変更です。

 なんと、旧校舎の取り壊しが一気に進んでいたのです。わかってはいましたが、思いのほか解体が進んでいたので、生徒も教員も驚いていました。

 その光景に、中学部1年生K君が川柳を1句詠んでくれました。

題字は、最近筆ペンに凝っているS君が書いてくれました。

 旧校舎さん、本当にありがとうございました。 次回の中学部日記は、宿泊学習の様子をお届けします。

   期末終わった!!

 梅雨真っただ中、おそらく全国の大半の中学生が経験する「期末考査」が当校でも行われました。苦難の3日間でしたが、本日6/27(木)は期末考査最終日となり、無事終了しました。

 OBであり、現在事務補佐員としても当校に勤務中のTさんに何気なく期末考査の思い出について聞いてみたところ、「もう、あれから10年も経つんですね」と期末考査の思い出をしみじみ語ってくれました。特に、中1の初めての期末考査は「いい点とれるかな」「がんばらないと」という気負いと不安でいっぱいだったそうです。おそらく、今の中1も同じ気持ちでしょう。期末考査終了直後の中1の写真を撮りましたが、うれしさと達成感がにじみ出ています。

今の気持ちを筆ペンで表現してもらいました。
よほどうれしかったのか、達筆です!

大変な経験をした期末考査でしたが、それが終わると夏真盛り。生徒が楽しみにしている宿泊学習が待っています。暑さに気を付けてがんばりましょう。

今までありがとう、旧校舎

 いよいよ、旧校舎の解体が始まりました。小学生時代6年間を旧校舎で過ごしたN君が、消えゆく旧校舎に向けてメッセージを添えました。

 同じく6年間を旧校舎で過ごしたK君は、旧校舎を見ながら「夏休みが終わって、学校に来ると、もうないのかな・・・」と、しみじみとつぶやいていました。同じく小学生時代を過ごしたS君は、「新校舎に行きたいなぁ」「新校舎に住みたいなぁ」と、すでに心は、一期工事の新校舎(現在小学生が使用中)にうばわれています(残念ながら中高生の新校舎移動は約2年後です・・・)。

 みんなに愛されていた旧校舎も間もなく消えます。そして、その場所に新たに第二期工事の校舎が立ちます。きっと、新校舎も旧校舎と同じくらい、みなさんに愛されていくでしょう。

 「今までありがとう、旧校舎」

ここがすごいよ、新校舎

 新校舎のⅠ期工事が終了し、5月から小学部が引越ししました。残念ながら、われらが中学部は2年後の新校舎Ⅱ期工事終了後に引越し予定です。ですが、中学部も新校舎を利用する機会があり、みなさん興味津々です。ある生徒は「ここで暮らしたい」とまで言っています。 

 そんな中、中学部1年生が写真と言葉という国語の授業の中で、新校舎の魅力について写真に言葉を添えて紹介しました。今回はその一部をご紹介いたします。

【ここがすごいよ、新校舎】

番外編【ここがなぞだよ、新校舎】

 新校舎完成も楽しみですが、旧校舎の取り壊しもはじまり、ちょっとさみしい気もする中1でした。

夢見月の施設併設学級

 卒業生を送る会、卒業式、修了式と次々に行事が過ぎさり、いよいよ平成30年度も終わりとなります。本年度は、病棟をはじめ、皆様のご協力で大きな学級閉鎖などもなく、子どもたちは無事に1年間過ごせました。

 ある卒業生が、当校で過ごした9年間で嫌なことはありましたか?という質問に、特になかったと答えました。そして、楽しかったことはありましたかと聞くと、たくさん答えてくれました。教員一同、本当によかったと思うと同時に、子どもたちは、われわれ大人が思っているよりも、色々な楽しみ方をとてもよくわかっていると感じました。

 卒業されたみなさんは、それぞれの道を進み続けていくわけですが、どこでも楽しめる方法をわかっていますので、送り出すわれわれに不安はありません。むしろ、われわれ教員が楽しみ方を忘れてしまうので、時々顔を見せに来て、楽しみ方を教えてくださいね。

 もうすぐ、元号も変わります。季節も変わります。みなさんの環境も変わります。いろいろ変わりますが、いつでも楽しみ見つけて、夢を描いて、かなえてください。

ご卒業、ご修了おめでとうございます。

ご卒業おめでとうございます
修了式の後には離任式もありました

菜種梅雨の施設併設学級(雨ニモマケズ編)

 寒い日もだんだんと少なくなり、暖かい日が多くなってきましたが、同時に、春の長雨、菜種梅雨(なたねづゆ)の季節となりました。

 現在、施設併設学級は、センターと学校の連絡橋が老朽化により使用禁止となっています。しかし、だからといって、♪雨がふったらお休みで~というわけにはいきません。学校が大好きなみんなは、雨にも負けず、雨合羽を着て登校です。合羽を着ての登校は大変ですが、合羽に当たる雨の音など、いつもと違った風情を感じることができます。


 一雨ごとに春となっていくのを感じながらの登校です。

 もうすぐ春、そして卒業です。