デジタルで変わる

新校舎の一部の教室に電子黒板システムが導入されました。
小学部6年生には「GIGAスクール構想」に先立ち、一人一台のタブレットが貸与されました。


まずはオリエンテーション。物品の確認、何の目的で使うかの確認。
道徳の時間に、機器との付き合い方について考えたりもしました。
国語・算数・理科・社会・家庭科。先生たちもデジタル教科書で進めていきます。

学校での主な使用目的は、もちろん学習。
先生が提示する内容をみんなで見ながら考えたり、話し合ったり。
ペン入力で書き込んだ自分のワークシートをプロジェクタで投影して共有するなどして、授業が進んでいきます。

自分にとって便利・楽しめるアプリは「プレゼン」形式でみんなに紹介。
評判がよければインストール承認です。

細かなルールや使い方も、話し合いによって作られつつあります。

一人ひとりも、学校も、大きな変化の中にあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です